デリバリーや通販サイトの利便性の高さ~グルメを堪能しちゃOH~

Taste of pizza

人気のある商品

タラバガニが食材となった歴史

一般的に知られているこのタラバガニですが、実はヤドカリ科の仲間だそうです。現在では、食用として人気の高いタラバガニですが、食材としての歴史は浅いようです。日本で食べられるようになったのは、明治時代からといわれています。それまでは、市場に価値がなかったそうです。良く獲れたそうですが、全て棄てられていたそうです。しかし、当時缶詰になっていたサケやマスがあまり穫れなくなった時期があり、かにが缶詰として販売され人気がでたということです。

かにの流通量が減る

今は、かにをお取り寄せする人が増えています。通販でお取り寄せする方が鮮度の高いかにを直送することができるからです。また、用途に応じて加工してあるので食べやすいようです。ボイル済みのものやカットしてあるものを選べるのも便利です。このように、ネットの普及により新鮮なかにを手軽にお取り寄せすることができるようになりました。そのため、大量のかにが消費されています。冬になると、鍋をする機会は多くなり、かにの需要は高まります。カニの旬である冬とも重なり流通量は減ります。かにはロシアからの輸入品が多いです。ロシアでは不正な輸出が問題視されているそうです。そのため、規制が厳しくなっているそうです。そうなるとさらに流通量が減るのではないかと予測されています。